« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月27日 (月)

トウキビと新しい遊び

珍しいものを入手したので、チクゾーにもお裾分け。
その珍しいものとは…トウキビ!!
ただのトウキビじゃないですよ~「ピュアホワイト」です。
生でも食べられる白いトウキビで、試しに私も生のまま
2、3粒食べてみました。 で、感想は…
「おお、本当に甘くて美味しい~♪」でした。

チクゾーも凄く喜んで食べました。
気に入って貰っといて何だけど…普通のスーパーじゃ
売ってないので、今度食べられるとしたら来年かも…
チクゾーよ、スマン!!


さて昨日は、私が考案した新しいゲームでチクゾーと
遊びました。

         「どっちが勝つかなゲーム」 
《遊び方》
 ・チクゾーの鼻を指でちょんちょんつつきます。
 ・チクゾーは私の指に噛み付こうと飛びつきます。
 ・噛まれない様にぎりぎりのタイミングで指を引きます。
 ・噛み付けたらチクゾーの勝ち。
 ・噛み付かれずに指を引っ込められたら私の勝ち。
 
・・・・・・とまぁ、こんな具合に地味な遊びなんですが(笑)
意外と白熱します。(私が…)
甘噛みなんて教えていないので、いくら可愛いチクゾー
のする事とは言え、噛まれればやはり痛いですからね。
噛み付かれないように必死になるもんです。
おまけとして、昨日はチクゾーが私の指の匂いに
反応してアンティングをしていたので(それも3、4回…)
その隙に、ここぞとばかりお腹や胸や手足に
触りまくってやりました♪

これが出来たらボーナスポイントね!
(いかにも付け足し。笑)

P1010179
《チク》 まだまだー!もう一勝負!!
《ミノ》  ちぇっ。負けず嫌いな子だぜ。


いつかこのゲームの模様を撮影してアップ出来れば…
と、思っております。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月21日 (火)

憧れのハスキー

別にハスキーボイスに憧れている訳ではありません。

かつて一大ムーブメントを巻き起こした(?)
シベリアンハスキー、私が最近憧れて止まないのは
犬のハスキーの方です。
きっかけは、漫画「動物のお医者さん」に出てくる
ハスキー犬の“チョビ”を見てから…
読んだ方ならきっとこの気持ちがわかるはずですよね。

嗚呼ハスキーと草っぱらでゴロンゴロンして遊びたい!

子供の頃、土佐犬を飼っていましたが、土佐犬は体は
確かに大きいけれど、手足が細く、ゴロンゴロンしたら
折ってしまいそうで怖かったんですよねぇ。

広大な庭付きの一軒家でも買ったら、その時は絶対に
シベリアンハスキーを飼うのだ!と、心に決めました。

P1010101

チョビの決め台詞(?)「やーん」をチクゾーに真似して
貰いました♪
もちろんチクゾーのことが一番好きさ!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年9月18日 (土)

過保護?

前回もポポンS入りの御飯をあまり食べなくなったという
お話をしたばかりですが、それでも懲りずに使っています。

が、誰に似たのかチクゾーはとても味(匂い?)に敏感で、
錠剤を半分にしようとも、ちょっとでもポポンSの匂いを
察知すると、頑として食べてくれません。

と言いつつ、実は結構単純な面もあって、「食べないよ」と
言ってご飯のお皿の前でプイッとUターンしても、お湯を
少し足してやると食べるんだなーこれが。。

で、先日もプイプイしてばかりで一向にご飯を食べる様子が
なかったので、お湯を足してやったのにまたもプイッ・・・
仕方ないのでヤギミルクを混ぜたのですがやっぱりプイッ。
最終手段として、チクゾーの大好きなミルミルをスプーンに
半分くらいの量で混ぜたのに、なぜかその日は食べない(弱)

そうこうしているうちにお皿が溢れそうなくらいチャプチャプに
なってしまい、これ以上はもう何も足せない状態に…

しばらく回し車でトレーニングをしていればお腹も空いて
そのうち諦めて食べるかな?と期待しつつ見ていたのに、
舐めてみるどころかお皿に寄り付きもしなくなってしまった。

結局根負けしたのは私の方でした(沈)
ポポンSの入っていないご飯に作り直したのです。
「こんなマズイ飯、食えっかよ!作り直せやクソババア」
とは言われませんでしたが、言われたようなブルーな気分。
当のチクゾーは、いつもならとっくに小休止の時間なのに
フードがふやけるのを待っている間も回し車で走り続け、
新しいご飯が出るなりひとしきり食べて、さっさと寝ました。

・・・過保護でしょうか?

P1010151
《チク》 寝ずに待ってたよー♪
《ミノ》 エラかったねぇ~ (・・・過保護)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »